1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫「顔や口周り」を脱毛する際の予備知識

「顔や口周り」を脱毛する際の予備知識

「顔や口周り」のムダ毛が気になったシチュエーション

顔や口周りのムダ毛が気になったことがありませんか?顔や口周りのムダ毛のせいでメイクをしても顔色がくすんで見えてしまったり、人と話すときにムダ毛を見られているのではないかと思うことなど。特に恋人とデートするときなど、大切な人と過ごす時間にムダ毛が気になってしまうのは憂鬱なことですよね。

顏や口周りのムダ毛が生えていると、まるで男性のようになってしまいます。女性ならば、こうした口周りのムダ毛は気になるでしょう。顔や口周りのムダ毛も、足や腕のムダ毛と同じくらい目立っているのです。もし、この顔や口周りのムダ毛を綺麗に出来たらと思ってしまいますよね。
 

「顔や口周り」を脱毛する為の大まかな脱毛回数や期間(目安)

顔や口周りを脱毛するためには、脱毛サロンや脱毛を行っている美容形成外科クリニックに行くことが良いでしょう。とても敏感ですぐに見た目にでる部位なので、セルフで脱毛することはあまりおススメしません。なお、おすすめなのが美容形成外科クリニックで行っている医療用脱毛です。脱毛サロンにはいない医師がしっかりと診察をしてから施術を受けることが出来ます。

顔や口周りの脱毛を完了させるためには、脱毛方法にもよりますが、7~8回施術を受けると良いでしょう。レーザー脱毛だとだいたいそれくらいの回数で、ムダ毛が減ったと実感出来るはずです。施術を受けた後は、ムダ毛の生え変わるサイクルを見て次の施術までに1ヶ月半以上の時間を置く必要があります。仮に7回の脱毛施術を受けるとすると、順調に施術を受けて7ヶ月半かかります。完全に脱毛が完了するには1年以内には終わると考えると良いでしょう。
 

「顔や口周り」脱毛する際の痛みや注意点

「顔や口周り」は神経が多く、敏感な部分です。レーザー脱毛の痛みは、輪ゴムで弾く程度の痛みと言われていますが、実際には痛みの程度に個人差があります。とても痛いと感じて途中で脱毛を中止する人もいますし、耐えられるという人もいます。

また、ニードル脱毛は、その名のとおり皮膚に熱を与えて毛根を破壊する脱毛方法です。火傷に似た痛みを感じます。こちらも痛みの感じ方に個人差があり、耐えられないほど痛いという人もいれば大丈夫という人もいますが、顔や口周りが赤く腫れると外出できないので、レーザーか光脱毛をおススメします。なお、痛みには個人差がありますので、痛みが気になる場合は必ずスタッフや医師と相談をして今後の施術を決めるようにしてください。
 

「顔や口周り」を脱毛することで得られるメリット

顔や口周りを脱毛しておけば、顔剃りをする必要がなくなります。顔剃りはカミソリで皮膚の表面を削ることになりますので、皮膚に傷がついてしまいます。この傷から雑菌が入り込み、肌の赤みやニキビを引き起こす原因になります。こうしたトラブルも顔や口周りを脱毛すればなくなります。

顔や口周りを脱毛することで、つるっとした肌になれます。ムダ毛による顔のくすみも消えますし、ファンデーションののりも良くなります。メイクをすることが楽しくなりますよ。

人に近づいて話をしても、顔や口周りのムダ毛を気にしなくても良くなります。楽しくお喋りをすることが出来るようになりますよ。恋人とのコミュニケーションでも、顔や口周りのムダ毛を気にして嫌な気持ちになることもありません。
 

脱毛サロンで「顔や口周り」を脱毛する際のワンポイントアドバイス

体毛が濃い女性の場合は「顔や口周り」を自己処理するとムダ毛の根本だけのこってしまうと、剃り後が黒や青くなってくすんでしまう場合があります。その為、まずは脱毛サロンで処理をして薄くなってから定期的に自己処理をするのが良いでしょう。

また、どうしても年を取ると女性ホルモンと男性ホルモンのバランスで、多くの女性が「顔や口周り」の産毛が生えてきてしまうものですので、気になったら早めに脱毛サロンで処理をするのが良いでしょう。

脱毛サロンランキングをチェック