1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ニードル脱毛のメリットやデメリット

ニードル脱毛のメリットやデメリット

ニードル脱毛の仕組み

脱毛というと、光脱毛やレーザー脱毛が有名ですが、以前はニードル脱毛という電気針を使用したものが主流でした。最近の若い女性はニードル脱毛というと聞きなれない人が多いと思います。いったい、どんな脱毛方法なんでしょう?

まず、名前にもあるニードルとは電気針の事です。簡単にいうと、毛穴に電流の通った針をさし、毛根を壊して、毛が生えてこないようにする脱毛方法です。毛根には、毛を作る毛乳頭細胞があり、そこに電流を流すことで、毛根はダメージを受け、毛を作る事ができなくなるというしくみです。

毛根には、休止期、成長期、退行期というように周期があり、その周期で成長期の毛根にダメージを与える事で、永久に脱毛する事ができます。サロンにもよりますが、脇の毛根の周期はおおよそ3カ月程度と言われています。成長期の毛根に全てダメージを与えたるめには、毛穴に電流を流すという作業を何度か行う必要があり、手間はかかりますが、繰り返す事で完全に消滅させることが出来る脱毛方法です。
 

ニードル脱毛が他の脱毛方法より優れている点(メリット)

光脱毛やレーザー脱毛にはできない、ニードル脱毛のみ可能な脱毛があります。それは、光脱毛やレーザー脱毛は、日焼けをしたようなメラニン色素の多い部分は脱毛ができません。しかし、ニードル脱毛であれば、どんな肌質でも問題なく脱毛ができるのです。もともと色素量が多く、色が黒い人はレーザー脱毛は向かないと言われており、理由としてはレーザーの反応が悪く、毛が照射しきれないのです。そんな人でも、ニードル脱毛は問題なく行う事ができます。

それから、乳輪やVIOゾーンをレーザー脱毛で行うのは不安という多く、理由としては腕や足に比べて色素が多くレーザーや光を利用した脱毛だと反応が悪いとも言われています。そういったところもニードル脱毛で行う事ができます。また、ムダ毛が剛毛ではなく、ムダ毛が薄めの人も色素に反応するレーザー脱毛や光脱毛は効率が悪いと言われているのでおすすめです。
更に、ニードル脱毛は、毛量の調節もできます。全てを脱毛するのではなく、減毛や毛の密度を減らしたいという時には、1つ1つの毛根を作業しているので、調整も簡単にできます。
 

ニードル脱毛が他の脱毛方法より劣っている点(デメリット)

まずニードル脱毛を受けた人が口を揃えて言うのが「痛い」という点です。ニードル脱毛の仕組みについて、説明しましたが、ニードル脱毛は、毛穴に針をさして電流を流します。聞いているだけでも怖い感じがしますが、やはり、光やレーザーに比べるとかなり痛みを伴います。

更に、脱毛の施術時間がかかるということです。毛穴の1つ1つに対して、針を入れ、電流を流すという作業を繰り返すので、光脱毛やレーザー脱毛のようにいっぺんにできません。脇だけでも、数時間はかかります。そして、それに伴い、サロンでは人件費がかかってくるので、ニードル脱毛の費用は他の脱毛に比べてコストが高いと言われています。なお、サロンによって違いますが、1分いくらとか、1本いくらという費用感が一般的です。

 

ニードル脱毛が最適な脱毛部位

乳輪とVIOラインがおススメの脱毛部位です。メリットの説明でも言いましたが、この部位は、色素沈着があったり、もともと色が濃い状態であることが多いので、光脱毛やレーザー脱毛だと効果が表れずに反応がよくないようです。また、狭い部位なので、それほど時間もかかりません。

それから、肌荒れしているところもニードル脱毛が良いと言えます。光やレーザーは、肌に強い刺激を与えるので、かなりのダメージを与える事になってしまいます。一見、ニードル脱毛も刺激が強いように見えますが、毛穴にのみさすだけなので、施術後に赤みは出ますが肌全体にはそれほどのダメージは与えません。

そして、眉毛などのフェイスゾーンを脱毛したい人もニードル脱毛をおすすめします。ニードルは、その都度、範囲や量を調整できるという点と、光脱毛やレーザー脱毛のような失敗はないからです。顔は露出する部分なので、何かあった時にやはりとりかえしのつかない事になってしまいます。ニードル脱毛は、そういった心配はありません。