1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫家庭用脱毛機のメリットとデメリット

家庭用脱毛機のメリットとデメリット

家庭用脱毛機の脱毛方法とは

家庭用脱毛器による脱毛方法には、主に「光脱毛方式」と「レーザー脱毛方式」の二種類があります。光脱毛方式は強い光のフラッシュを皮膚に当てることによって毛穴奥の毛根の発毛組織に働きかけ、毛の発毛速度を落とす効果があります。

一方、家庭用レーザー脱毛器のほうは、光フラッシュよりもより強いパワーのレーザーを使用して毛根組織をある程度破壊するパワーがあるので二度と新しいムダ毛が生えてこないというさらに高い脱毛効果が期待できます。どちらのタイプの家庭用脱毛器においても光フラッシュやレーザーがムダ毛の黒い色自体に反応して、的確にムダ毛の生えている毛根組織に働きかけてくれるので安定した脱毛効果が得られます。しかも家庭用に開発された脱毛器なので初心者でも簡単に使いこなせるようになっていて安全でかつとても便利です。
 

家庭用脱毛器が他の脱毛方法と比較して優れている点(メリット)

家庭用脱毛機のメリットは色々とありますが、やはり自宅で好きな時間に好きなだけ脱毛処理を行えるというのが最も大きなメリットでしょう。脱毛サロンなどに通いながら脱毛施術を受ける方法ですと、仕事や勉強、育児などで忙しい女性にとってははっきりとした予定も立たないことが多く、時間的な制約がかなりあるため、なかなかサロン通いの予約の日時を決めることは難しいので、そういった人達には特に家庭用脱毛器がぴったりということになります。またコスト面からみても、脱毛サロンよりもはるかにコストパフォーマンスが良いという点も大きな利点だと言えるでしょう。脱毛サロンも最近は施術費用がかなりお安くなっていますが、家庭用脱毛器はそれ以上に低コストでサロンと同じような脱毛効果が期待でき、ムダ毛の発毛が気になったら繰り返しカートリッジを買い足しながら何年でも家庭で脱毛お手入れを続けられるのでお財布に優しい脱毛方法だと言えます。

 

家庭用脱毛器が他の脱毛方法と比較して劣っている点(デメリット)

そんな良いことだらけの家庭用脱毛器にもいくつかデメリットと言える点があります。それは家庭用脱毛器は出力が脱毛サロンのマシーンよりも弱く作ってあるといっても、やはりれっきとした脱毛マシーンであることには変わりありません。ですから使用説明書どおりにムダ毛処理を行っていても、なかなかうまく行かないこともあります。出力に関しても、説明書どおりにすすめていても、人によってはやけど症状のようなものが起きてしまって皮膚が赤くヒリヒリしてしまったり、毛嚢炎といって毛根組織に炎症を起こしてしまったりするトラブルが起きてしまったりすることもあります。これらが起きても素人では、やはりすぐに対応できなくて思わぬ症状の悪化が見られたりすることもあるのです。脱毛サロンでは、プロの脱毛士がその人の施術サイクルにおける皮膚の状態をつぶさに観察しながら皮膚に無理な負担をかけないようにして施術を行っていくので、こういったお肌のトラブルが起きにくいと言えます。他には家庭用脱毛器の出力が弱いということで人によっては思うような脱毛効果が得られないことがあります。これはその人の毛質や毛の色が薄くて光フラッシュやレーザーが反応しないということが考えられます。

 

家庭用脱毛器が最適な脱毛部位

家庭用脱毛器を使用するのに最適な部分は、腕や脚、ワキ、うなじ、指、背中やVゾーンなど一般的には全身どの部位でも問題なく使用できることがほとんどでしょう。ただ家庭用脱毛器のメーカーや種類によっては顔やデリケートゾーンに使用する場合は注意が必要なことがあるので、こういった場所に使用したい場合には、あらかじめ使用説明書をしっかり読んだり直接メーカーに問い合わせるなどして疑問点を明らかにしてから脱毛を開始することが皮膚のトラブルを回避するためにも非常に重要です。